×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

powerd by 楽市360

スポンサード リンク

powerd by 楽市360

私の息子のローテーションはこんな感じです

私の長男は幼稚園児で毎日弁当持ちです。息子の弁当のローテーションのレシピとしては、☆梅干しおにぎりかふりかけつきのごはん☆コロッケorハンバーグorウインナー☆アスパラと人参の炒めor卵とミックスベジタブルのカップ焼きorコーンのバター炒め☆ミニトマト、チーズ、フルーツのカテゴリーをローテーションさせていますね。ミニトマト、チーズ、フルーツだけは栄養バランスを考えて毎日必ず入れるようにしています。幼稚園児のお子さんをお持ちの方は大体こんな感じのお弁当なのではないでしょうかね。ちなみに、うちの通っている幼稚園では、「幼稚園児には残さず食べさせるために、弁当には嫌いなものは入れないでください」という方針があります。本来ならば、息子の弁当にはグリンピースやピーマンを入れたいのですが、うちの幼稚園児は食べることが出来ないので弁当には避けていますね。それと、私は冷凍食品は使うつもりは無かったのですが、使ってみると非常に便利で幼稚園児の弁当にはもってこいだと思いました♪

スポンサード リンク

園児の弁当は毎日こるべきか

毎日、園児のためにこった弁当を作っているお母さんがいらっしゃると雑誌とかを見ると載っているのですが、正直きついと思います。毎日朝早く起きて、園児のお弁当作りのみだけをすればいいのであればできるかもしれません。ただ、他にも園児の弁当を作る以外に洋服の着替えや、子供たちへ朝食を食べさせるなど意外にやることが多いのです。子供のことだけでなく、幼稚園に送っていくために自分の着替えとか身だしなみもあるので、全く園児の弁当にこっている時間はないのです。なので、私に園児の弁当作りに書けることのできる時間は毎日10分程度になってしまいますね(^_^;)その間にも子供は「お腹がすいた」だの「弁当そんなんじゃいやだ」などいろいろと要求してくるので朝戦争と言ってもいいかもしれません(^_^;)ただ、子供が遠足や授業参観や運動会などはもちろん張り切って園児の弁当を作るようにしています。ミッキーマウスのおにぎりを作ってみたり、ドラえもんの形にお弁当を作ってみたりです。

園児の弁当のレシピで気をつけたほうがいいこと

幼稚園児といえば、育ち盛りなのでそれなりにお弁当には栄養面では気を使わなければなりません。絶対に園児の弁当に入れておきたいレシピとしては、☆お肉やお魚などのメインディっシュ☆卵焼き☆野菜を使ったものくらいの組み合わせは最低限毎日入れたいところです。中には園児のお弁当にはいろいろな雑誌を参考にレイアウトをやけにこだわって栄養面がお粗末な家庭が結構あると思いましたので、言っておかなければならないと思いました。もちろん、園児が飽きてしまわないようにレイアウトの工夫はする必要は絶対にあると思いますがね。また、ご家庭によっては園児たちはお母さんにお弁当を作ってもらえるだけでうれしいものなので、そんなに気にする必要は無いかもしれませんね。それと、前の日に園児の弁当に入れるために作り置きをしておく場合は注意してください。食中毒の心配があるので、前に日にしっかり冷凍させ置いて次の日にレンジで再加熱すれば大抵はOKなのですが、お腹が痛くなるということもありますからね。

Copyright © 2008 園児 弁当